車売買 自動車税

車売買の時の自動車税についてご説明しますね。

 

車売買,自動車税

 

車を売る場合

 

まず、毎年4月1日時点での所有者に課せられている税金で
排気量によって、税額が変わります。

 

4月〜3月までの年間の税金を前払いで納める
システムになっています。
そして、5月頃に税金の納付書が届きます。
ということは、車を売る場合には、3月末日までに名義変更を済ませると前払い分の税金を納めなくてもいいということですね。
名義変更にはある程度の日数がかかります。
車を売る場合には、余裕を持って売却するようにしてくださいね。

 

年度の途中で、車を売る場合には、
月割り計算で自動車税が戻ってきます。
車買取店によっては、あらかじめ車買取額に自動車税の還付分を
含めているケースもあります。
年度途中の車を売る時には、自動車税が還付されるのか、車買取額に含まれているのか
業者に確認をお忘れなく。
(軽自動車については、後払いで、1年間分を支払うため、年度の途中で車を売却しても、
普通車のように税金は還付されません。)

 

車を買う場合

 

新車を買う場合には、登録した月の翌月から、
3月までの税額が月割り計算されて納付をするのです。

 

 

2016年(平成28年)3月31日まで新車を登録した方は、
自動車グリーン税制が適用されて、翌年の自動車税が減額されます。

 

 

車売買において、必ず発生する自動車税ですから、
車売買を行うときには、該当車種について今一度確認をしておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

>>>車売買については、こちらの記事でご説明しています。

関連ページ

個人で車売買する
個人で安心して車売買をするためには?必要な書類、個人売買をする前にチェックするものをまとめています。
車を高く売る方法(洗車など)
車を高く売る方法、といえば、ある程度の準備をしておくことも必要です。その中の一つに洗車があります。
車査定 基準が違うワケ
中古車を売却するときに、効率よく高額な車査定額が出やすい方法である車買取です。各業者で車査定 基準が違うために、探し方によって、より高額査定を狙えるのです。
車ローン 売却は可能?
ローン中の車を売ることは出来るのでしょうか?